2010年05月16日

vimにScalaプラグインをインストールする

vimのScala syntaxがないものかと調べると、Scalaにはsbazというパッケージ管理があることを知りました。
さっそく使えるようにしてみます。

環境
・MacOS 10.6 SnowLeopard
・Scala 2.8

コマンドにバージョンがついてるのでsbazで利用できるようにする。
$ which sbaz-2.8
/opt/local/bin/sbaz-2.8
$ sudo ln -s /opt/local/bin/sbaz-2.8 /usr/bin/sbaz

scala-tool-supportというツールの中にプラグインが含まれているようなので、まずそれをインストールします。

$ sudo sbaz install scala-tool-support
planning to install: scala-tool-support/2.8.0.RC2 Installing...
Downloading: http://scala.epfl.ch/downloads/packages/scala-tool-support-2.8.0.RC2.sbp
182.0K/182.0K Done

MacPortsで入れた私の場合、 /opt/local/share/scala-2.8/misc/scala-tool-support にインストールされる模様。
/opt/local/share/scala-2.8/misc/scala-tool-support/vim 以下の /ftdetect /indent /plugin /syntax を~/.vim以下にコピーします。
開いてみます。
$ vim HelloWorld.scala

こんな感じになります。
scala_vim.png
以上です。

Scalaスケーラブルプログラミング[コンセプト&コーディング] (Programming in Scala)
Martin Odersky Lex Spoon、Bill Venners
インプレスジャパン
売り上げランキング: 70122
おすすめ度の平均: 4.5
3 初心者の入門書としては高度すぎる
5 ポストJavaを求める人向けです
5 Scalaのバイブルたる本です。
5 すべて道がscalaに通じていた


ラベル:scala Mac vim
posted by 何某。 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Scala | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

MacOS 10.6にScala2.8をインストールしてみた

最近なにかと話題のScalaをMacにインストールしてしてみた。
環境
・MacOS 10.6 SnowLeopard
・MacPorts 1.8.2
・Scala 2.8

とりあえずネットに落ちてた情報そのまんまでやってみる。
$ sudo port install scala
---> Computing dependencies for scala
---> Fetching scala
Error: Please one of the numbered scala* ports instead.
Error: Target org.macports.fetch returned: obsolete port
Error: Status 1 encountered during processing.
Before reporting a bug, first run the command again with the -d flag to get complete output.
こんな感じでエラーになる。

よくわからないので、一回見てみる
$ port search scala
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
scala27 @2.7.7 (lang, java)
    The Scala Programming Language

scala28 @0.2.8.0.RC2 (lang, java)
    The Scala Programming Language
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どうやらscalaというパッケージはないようなので、
$ port search scala28
でインストール。
すると無事入るけど、コマンドが
$ scala-2.8
ってなってるので
$ which scala-2.8
/opt/local/bin/scala-2.8
$ sudo ln -s /opt/local/bin/scala-2.8 /usr/bin/scala
$ scala -version
Scala code runner version 2.8.0.RC2 -- Copyright 2002-2010, LAMP/EPFL
シンボリックリンクを貼り直してscalaで利用できるようにした。

とりあえず問題なさそうなので、
http://www.scala-lang.org/node/274
上記URLにチュートリアルがあるので、とりあえずやってみる。
$ vim HelloWorld.scala

object HelloWorld {
    def main(args: Array[String]) {
        println("Hello, world!")
    }
}

$ sudo ln -s /opt/local/bin/scalac-2.8 /usr/bin/scalac
$ sudo ln -s /opt/local/bin/scaladoc-2.8 /usr/bin/scaladoc
$ sudo ln -s /opt/local/bin/scalap-2.8 /usr/bin/scalap
他のコマンドも置き換える必要があるようなので一通り全部やる
$ scalac HelloWorld.scala
$ scala -classpath . HelloWorld
Hello, world!
無事実行できました。

以上です。

Scalaプログラミング入門
デイビッド・ポラック
日経BP社
売り上げランキング: 4247
おすすめ度の平均: 5.0
5 Scalaでアプリケーション/ライブラリ開発を考えている方は是非どうぞ
ラベル:scala Mac MacPorts
posted by 何某。 at 19:27| Comment(0) | Scala | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。