2008年06月29日

OSを選ばないエディッタ EditraをXubuntuにインストールしてみた。

openSUSEは安定してるけど非常に重いので、Xubuntuに入れ替えてみた。
非常に軽くて素敵。

そのタイミングで、FireFox3をXubuntuと会社のWin機に入れてみたのですが、やはりOSが変わっても使い勝手が変わらないってのはいいことだ。
本当は会社のPCもLinuxにしたいとこだけど、インフラ担当に怒られるのでそれはやめ。
んじゃあ、アプリだけでもとFireFoxに続き、エディッタも同じものにしてみた。

Vimでいいじゃんってのはなしの方向で。

今回選んだのはこちら。

Editra
http://editra.org/index.php

  $ cd ~/tmp/
  $ wget http://editra.org/uploads/src/Editra-0.3.15.tar.gz
  $ tar xvfz Editra-0.3.15.tar.gz
  $ python setup.py install
  $ Editra
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/bin/Editra", line 79, in
    main()
  File "/usr/bin/Editra", line 74, in main
    import Editra
  File "/usr/lib/python2.5/site-packages/Editra/src/Editra.py", line 29, in
    import wx
  ImportError: No module named wx

wmWindowsってのを使っているらしいが入っていないので、エラーが出るようだ。

  $ sudo aptitude install python-wxtools

これでよし。今度はエラーもなく起動できた。
さっそく使ってみようと思ったところ、日本語入力がおかしい。。。
メニューは日本語なのに。。。

ViIMproved‐Vim完全バイブル
Steve Oualline 高橋 則利
技術評論社
売り上げランキング: 38792


ラベル:editor xubuntu Linux
posted by 何某。 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。